よくあるご質問

1.「仮面女子全力検定2015」の受験資格はありますか?

どなたでも受験可能です。

2.試験にはどんな問題が出ますか?

2011年のアリス十番結成時からの仮面女子グループ、楽曲、メンバー(主に在籍メンバー)、ライブ劇場に関する問題や、現在放送中のレギュラー番組、テレビ東京「仮面女子のやっぱ全力だね~!」、TOKYO MX「やりきり!仮面女子」等の過去放送分から、仮面女子ファンにはぜひ知っていただきたい内容が出題されます。検定紹介ページでサンプル問題にもチャレンジいただけます。

3.申込方法を教えてください。

お申込みは全てインターネットでの申込みとなります。
アリスプロジェクトHP(http://www.alice-project.biz/)のTOPページから、「仮面女子全力検定」を選択して頂き、申込みページへお進みください。(詳細は受験申込の流れ参照)

4.電話やメール、FAXで申し込みできますか?

電話・メール・FAXではお申し込みできません。

5.キャンセルや、受験形態の変更について

申し込み後の実施形態の変更、支払方法の変更はできません。
入金後のキャンセルはできません。また、一旦お支払いいただいた受験料は返金できません。
ただし、自然災害や受験予定者の死亡等やむを得ない事由で受験できなかった場合は返金することがあります。
(振込手数料はお客様負担)

6.検定料の支払い方法には何がありますか?

コンビニエンスストア支払とクレジットカード支払のいずれかを申込時にお選びいただきます。支払い方法によって申込締切日が異なりますのでご注意ください。

7.コンビニ支払の期日が過ぎてしまった場合はどうすれば良いですか?

コンビニ支払用のお支払い番号は申込日を含めて5日間有効です。期限内にお支払いいただかない場合、申込内容は無効となります。支払い期限を過ぎてしまった場合は、再度お申し込み入力からやり直してください。

8.クレジットカード決済の引き落とし日はいつですか?

お客様とカード会社との契約内容によって引き落とし日が異なります。カード会社へ直接お問い合わせください。

9.領収書を発行出来ますか?

希望に応じて発行可能です。仮面女子全力検定運営事務局(サーティファイ内)にお問い合わせください。

10.受験票はいつ届きますか?(会場試験)

会場試験の受験票は、6月末~7月初めにお届けします。

11.受験票はいつ届きますか?(インターネット試験)

インターネット試験の場合、受験票は発行されません。申し込み後、クレジット決済またはコンビニ入金されますと直後にメール返信により受験番号と受験パスワードがメール送信されます。
※迷惑メールフィルタ等により返信メールが届かない場合があります。
以下のドメインからの受信を許可するように設定をしてください。
@certify.jp
@paymentstation.jp
※届かない場合には、お問い合わせフォームよりお問い合わせください。

12.受験票の個人情報に誤りがあったので訂正出来ますか?

仮面女子全力検定運営事務局(サーティファイ内)まで、お名前・生年月日・変更前情報・変更後情報をご連絡ください。

13.試験会場・集合時間・試験時間について教えて下さい。(会場試験のみ)

試験会場・集合時間・試験時間については、6月末~7月初めにお届けする受験票にてご確認ください。

14.当日の持ち物について教えて下さい。(会場試験のみ)

受験票、筆記用具(鉛筆またはシャープペンシル)を必ずご持参ください。
※鉛筆またはシャープペンシル以外の筆記用具での解答記入は採点できないため0点となります。

15.欠席の場合(会場試験のみ)

受付時間にお越しいただけなかった時点で欠席扱いとなります。返金やインターネット試験への振替受験は行えませんのでご注意ください。

16.インターネット試験はスマートフォンで受験できますか?

パソコン・スマートフォン・タブレット端末で受験できます。
※上記以外での端末での受験はできません。

17.インターネット試験で受験期間(時間)を過ぎてしまいました。

欠席扱いとなります。返金や次回への振替受験は行えませんのでご注意ください。

18.結果通知はいつですか?

試験結果は8月下旬を目処にお送りします。

19.合格しなくても結果通知は届きますか?

合否に関わらず,受験された方に結果通知をお送りします。なお、欠席された場合は原則として受験者特典のみのお届けとなります。
※結果通知の異議申し立てについては、一切お受けできません。

20.仮面女子全力検定運営事務局(サーティファイ内)とありますが、サーティファイとはどんな団体ですか?

サーティファイはビジネス能力、技能に関する資格検定試験を主催し、年間13万人・累計250万人の受験実績を有する教育事業会社です。昭和58年に設立され、平成27年で32年目を迎えます。現在、情報処理や各種アプリケーションソフトの技能を測定するIT系資格検定試験をはじめ、著作権、コンプライアンス、コミュニケーションなど7分野23種類の資格検定試験を実施しています。